Laravel

PHPのフレームワークであるLaravelに関する記事です。

Laravel

[Laravel]APIレスポンスにResourcesを使おう

この記事はLaravelのResourcesに関する解説の記事です。 Resourcesとは APIでEloquentモデルをJSON形式でレスポンスにする場合、キー名の変更や、created_atなど出力したくないフィールド、日時形式やフ...
Laravel

[Laravel]レスポンスのAssertionまとめ

この記事はLaravelのResponseのAssertionを機能別にまとめて紹介しています。 利用しそうなものを主に紹介しており、全部を紹介しているわけではありません。 紹介していないものを参照したい場合は場合は本家参照(英語版) ステ...
Laravel

[Laravel]EloquentパフォーマンスTips

この記事はデータが大きくなるデータベース向けに、Eloquentのパフォーマンスを向上させる方法を紹介します。 カラムの指定 SQLを発行する際にカラムを指定を指定して、余計なデータを抽出しないようにします。 Eloquentだけでなく、実...
Laravel

[Laravel]artisan migrate:statusコマンド完全解説 – データベースマイグレーションの現状を一目瞭然

Laravelの開発において、Artisanコマンドは欠かせないツールです。本記事ではその中でも特にmigrate:statusコマンドに焦点を当てて解説します。 migrate:statusコマンドの基本的な使い方 Laravelの開発に...
Laravel

[Laravel]Fakerでテストデータ生成

この記事はLaravelにてFakerを利用して、テストデータやSeederでダミーデータを作成する方法を解説します。 Fakerでダミーデータ作成 まずはFakerを利用してみるためにルーティングファイル(/routes/web.php)...
Laravel

[Laravel]REST API CRUDの作り方

この記事はLaravel 10.xでREST APIのCRUDを作る手順を紹介します。 1. Laravelのプロジェクトを作成 以下の手順でプロジェクトを作成しよう。 Laravelの認証パッケージをインストール composer req...
Laravel

[Laravel]LaravelのPipelineを理解しよう

長くなるメソッドをスッキリさせることができる機能なのですが、ほとんどのエンジニアはLaravelのPipelineを知らないと思います。 LaravelのPipelineは公式ドキュメント(日本語版)にあるのですが、ほとんど記載がありません...
Laravel

[Laravel]Eloquentの高度な使い方

遅延読み込み(Lazy Loading) 必要な時のみリレーションの情報を読み込みます。最も簡単な読み込み方です。 $user = User::find(1); // Lazy load the user's posts when need...
Laravel

[Laravel]Factory(ファクトリ)を使ってテストデータを作る

この記事ではLaravelにてFactory(ファクトリ)を利用してテストで利用できるダミーデータまたは、初期データの作成の方法を解説します。 Factory(ファクトリ)とは何? Factory(ファクトリ)と聞いてもピンとこない方や、何...
Laravel

[Laravel]Console出力系のCommand一覧

この記事はLaravelのJobやSeederなどでコンソールに出力するやり方を紹介します。 はじめに Artisanコマンドを実行した際や、Seederなどでの途中経過などを出力したい際にechoでもいいけど、赤字にしたり目立たせたい場合...
PAGE TOP